遊泳

猫、或いはサイエンス

輪郭

平日は明け方の時間軸に生きているせいか、あまり強い日光を浴びることがありません。
生まれたての陽光、それはそれでとても愛しさに溢れているのだけれど、昼なかのすべてのオブジェクトの輪郭をぼやけさせるほどの日光、それはそれは美しいものでした。
空気はまだほんの少しひんやりとした感触を残していて、森の木々には瑞々しさがある。今日はそんな時間を急ぎ足で駆け抜けたのでした。

この世界をそうして切り出して認識するとき、私の五感から獲得された情報はどこへどのように統合されてゆくのでしょう。
末梢機関として知覚するこの四肢は神経網から放たれたインパルスをその先端から溢れさせ、どこか離れた場所でスパークさせてくれるでしょうか。
夏が愛しくて融けてしまいそうだ。



広告を非表示にする