読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊泳

猫、或いはサイエンス

過剰

時間の針で出来事を縫い合わせてほどけないよう日々を織り成している。

今日最も大きく記憶スペースを占めているのは激しく降りしきる雨について。
それから世間にはクリーニングのプリベイドカードに一万円もチャージする人達がいるということへの驚き。よいコートはメインテナンスにもお金がかかる。購入した時の価格が全てではなく、ランニングコストも考慮して購入すべきなのだな、というようなことを考えていた。

自分は感情の動きを表現するのが苦手だということにふと気づく。ヒトの感情の機敏を読み取るのがそもそも苦手な人間なのに、自分のそれが得意だなんてあり得る訳がない。「何が食べたい?」と訊かれても答えられないくらいなのに。
過剰でない程度の欲をもつことは周囲と会話をするため浮かないための最小限の装備であるような気がしていた。現実の私は極端にぶれる傾向があり、過剰な好きと無関心の仕分け作業をしながら生きてきたように思う。「ほどほど」がよくわからないんだ。
過剰がこの身を助け、この身を挫く。

興味があるふりをするということが相手にとっての嘘になるだなんて、かつては考えつきもしなかった。それを優しさであるとどこかで思っていた。
いまはもう少し、正直に生きてる。


未だ雨が降り続いてる。
土を叩き、アスファルトを滲ませながら音を奪い、空気を丸くして。
雨はいいね。激しいほどに好ましい。

広告を非表示にする

支点

夜が近い。

リアリティとファンタジィが混在する夢を見た。

私はヴィレッジ・ヴァンガードにアイロンをかけたような本屋の最上5階に住んでいて、4階は駅のホーム。至るところにPOPが散らかる雑貨を眺めながら長い階段を昇りながら部屋を目指す。
いつの間にか、外。
小高い丘の上から盆地のような大きな窪みを眺めている。中央部には大きな桜の老木が生えており、満開少し過ぎたくらいの見事な花が咲いている。距離は遠かったが、はらはらと舞い散る花弁は一枚一枚がはっきり見てとれた。
突然、下からのライトアップ。
じわじわと上方に向かって照射する強い明かり。
そして3D映像だろう、小さな子供と思われるシルエットが大量に下から打ち上げられ、重力に抗えずに弧を描きながら落ちてゆく。
悪趣味な演出だな、と私は目をそらし、夜の街を歩き始めた。
その光景は少しだけ、ルネ・マグリットの描く画と似ていたようにも思う。私がまだあまり理解することができない、シュルレアリスム

道端には赤いランドセルが落ちている。覗き込むと、中にはケースに容れられたままの短めの粘着テープが数本入っていた。
児童が使いそうな布製のペンケースが木の根元に隠されていて、不穏な予感と滑稽さが同居する胡散臭さがそこには感じられた。


捻りのないツイートしてしまったなと思うときほど比較的多くリツイートされる事があり釈然としないのだけれど、世間が価値を置く部分について自分が如何に理解していないかということの証左なのだと思う。学びがあるな。私はどちらも知りたいんだ。マジョリティとマイノリティの均衡点みたいなものが見えたらもう少しうまくやれる気がする。
どちらに揺れるも自由な支点に立つシーソーのようにね。

広告を非表示にする

どうしようもなく眠たくて、電車の中でくたくたりと寝てしまっていた。
せっかちな気性の人と少し長く会話しなければならない機会があり、疲れてしまったのかもしれない。

自分のペースを守ること、伝えなければならない内容を簡略化せず/されずに伝えること、結論を急がないこと、一方的に決めつけず/決めつけられずきちんとした議論にもってゆくこと。せっかちな気性の人とこれらを踏まえて会話することが私はちょっと苦手みたいだ。でも、今日はよくできたと思う。

コミュニケーションをとるのがうまくなれればよいなと思うけれど、巧くなれなかったとしても、それはそれで構わないなと思う。
一つ一つの関係性を誠実なものにしていくだけでも充分なのかもしれないと、ふと思ったんだ。
それならば今のままの私にでも積み重ねてゆくことができそうな気がする。


今朝は毎年ツバメが営巣する軒先から、ジュルジュルピチピチとした声が聴こえてきた。直線と曲線を華麗に使い分ける美しい飛行形態のあの鳥が舞う季節がきたのだな。お帰りなさい、どんな旅をしてきたの?話を聞いてみたいよな。

広告を非表示にする

手応え

雑踏の模倣をしたことがある。
学生時代、芝居の稽古で。
テレビドラマで時々出てくるカフェなんかで役者たちの背景にいる人達が繰り出すような、雑多な会話の再現。
人混みの中にいると時々その時のことを思い出す。難しいんですよ、わざとらしくなく作られた会話するの。

声質以外にも、人の会話には数多くの特徴がある。
話すペース、トーン、抑揚、感情表現、滑舌、性別、年齢等々。1つの発話の中にそういった要素が同時に盛り込まれてざわめきをつくる。

雑踏は面白い。情報過多なので適宜チューニングしながら聞き分けるけれど、全く違う人達の会話が妙なところで結びついて笑いだしそうになったりもする。「もしもし?ご案内致します、昨日バイト先の先輩がさ、味つけはやっぱり味覇だなって」
わざと文脈を壊した小説、あれ何ていったかな。そんな世界がそこらじゅうに落ちている。
「私がそこに意味を見出だす」
同時に私も意味の一部になる。


夢の中で読んでいた本の続きを読んでみたいけど、いつも目が覚めるとすぐに内容を忘れてしまう。今日は古民家の歴史かなにかの本を読んでいた。ささやかな日常や誰かとの会話などと同じように、残るのは面白かったなという手応えだけなんだ。

広告を非表示にする

perception

自分の中に幾つの「認識」があり、それらを使い回しているのだろう?私たちは大抵、同じところをぐるぐると周回し続けている。

「認識を改める」という言葉があるけれど、一度「正解である」と思い込んだ認識を取り下げることはそんなに簡単なことじゃない。世界の見えかたが変わるというのに。

似たような見解、いつか口にした言葉、上書き保存をかけた是正。
認識から派生するそれらの行動は、必ずしも意識を経由せずに表現される。
認識は、行動をハックする。

認識のストックを整理/分類して数えてみたい。その上で、新規性のある認識を増やしたい。


f:id:natsukiss:20170418191548j:plain
f:id:natsukiss:20170418191639j:plain
銀河に見えるつぼみ。
毎年撮影するタイミングを逃しては悔やんでいたのだけれど、今年は撮ることができて嬉しい。
帰路にはもうほころび始めていた。
その瞬間にしか出逢えないものに気づける認識もまた、増やせるとよいな。

広告を非表示にする

リサイズ

何かに対してどのような価値をつけるか。
そこにはその人自身の行動原理、知識、判断基準などが如実に表れる。価値を量られるのは対象ではなく自分自身なのだということを、常に心に留めておきたい。そう思った。


欲求というものは、叶うか叶わないか、叶いそうか叶うことはなさそうか。そういった未来予測に応じてリサイズされるものなのだと思う。
例えば私は不特定多数からの承認ではなく狙った層にピンポイントに理解されるような状況を好ましく感じる向きがあるのだけれど、もしかしたらそれは、得手に合わせてリサイズされた欲求なのかもしれないと考えていた。そのようにして自分の能力の範囲内で叶える事ができそうな欲求のみを追求していけば、自身の無能さに向き合う必要がない。緩慢な逃げ口上。そうやって自分の立ち位置を微調整しているということなのかもしれない。

私は精神を水平に保つために自分を甘やかすことが得意なのだと思う。ストレス耐性があるというのはおそらくそういうことだ。心にマイナスダメージを与えるような事柄から上手に回避したり、プラスの方向に都合よく解釈し、それが正だと「自分を騙すことができる才能」。
生きるのはラクかもしれない。けれどそれでは本当は見るべきものを見ることができていないだけのような気がして。

飛び石を伝うようにぬかるみを歩く。
本当はぬかるみを歩いているはずなのに。
見るべきものを見たい。
傘を叩く雨の音。

広告を非表示にする

写実

水曜日に有給休暇を取得して、鎌倉を訪れました。
主目的は井筒俊彦先生のお墓の傍でちょっと手を合わせたいという名目。
無事行って参りました。円覚寺、雲頂庵。
但し雲頂庵は関係者以外立ち入りが禁じられているため、外側からその雰囲気と、お墓から見える景色を眺める程度なのですが。
f:id:natsukiss:20170414185010j:plain
f:id:natsukiss:20170414184928j:plain

北鎌倉の駅を見下ろす位置、急峻な山道を登った先に眠っていらっしゃいました。遠くに山々の桜が咲き乱れ、静かで美しい景色に囲まれて。合掌一礼。


島田虔次氏の『朱子学陽明学』を読んでいます。
先日ニー仏さんがJ・D・サリンジャーフラニーとズーイ』の読後「オチが陽明学」という感想を書いていらしたのがきっかけ。そのあとツイキャス陽明学の入門書として上記を挙げていたので、読んでみようかな、とその場でAmazonでポチってしまいました。まだ序盤なので感想を述べる域ではないのですが、ちらほらと気になるキーワードが脳にフックして注意喚起がぶらさがります。noteにつけた一文など、物理学的観点からみても現代に通じる言葉。奥行きの深さを感じます。よく咀嚼しないと味がわからなくなりそうなので噛み締めながらゆっくり時間をかけて読み解いてゆこうと思います。


しかし江ノ電はよいですね。
時に路面電車、時に生活圏すれすれの走行、突然の海、かと思えば山際。エンターテイメント性が高すぎておちおち読書してられない。
江ノ電といえば紫陽花が有名で、桜のこの季節に乗車したのは初めてでしたが、時折姿を見せる山桜のたおやかさにもなかなかの風情がありました。

江ノ電は観光客が多く、しかし一時間に5本程度、最大4両編成(時々2両)なのでとても混む電車です。走行中に海を見たければ、藤沢駅発鎌倉方面行きの場合、進行方向右側の座席に座った方がよく見えるかと思います。背後を振り返る形になりますが、反対側だとぎっしり立った乗客に阻まれて見えないことが多いので(経験則)。

帰りは七里ヶ浜駅で下車して、カレー屋の珊瑚礁本店さんでお夕飯。
厨房が見えるカウンタ席にてドライカレーを注文したのですが、鉄フライパンを時々揺さぶりながら軽くあおり、具材を量ったあとタイミングを見計らって投入するなど、とてもとても丁寧に調理してくれているのが観察できました。
深みのあるスパイシーなライスに少しキーマカレー?がかかったスタイル。刻みレタスのサラダもシャキシャキで美味しかったです。

珊瑚礁本店、ドライカレー
f:id:natsukiss:20170415005724j:plain
七里ヶ浜
f:id:natsukiss:20170415005203j:plain


言葉は心に絡み付いた種々の感情と相性がよく、感情から少し距離をおいた今の状態では出てくる言葉の種類が少し変わったように感じています。
非立体的な写実画を描いているようだ。
でも、今はそれでいい。
自分にできることを着実に、ひとつずつ、積み重ねてゆくだけ。その果てに見える景色は、その時になれば描けるようになるでしょう。
美しい絵でなくてもよいよね?

広告を非表示にする