読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊泳

猫、或いはサイエンス

独白

ここにきてニー仏さんのゼロポイントに邂逅するとは思ってもみませんでした。
へんに嬉しい。

それからやはりあの場所は、深い緑色の森の中なのだなという確信みたいなものがありました。
これはある種の共感覚に近いのではないか。
いや共感覚をもたらす筆致能力があるということなのかな?
なんにせよ、とても不思議な気持ちでいます。

という、今夜の独り言でした。

広告を非表示にする